ブログトップ
teastaff.exblog.jp
アンシャンテの缶たち
d0172335_15392224.jpg

昨日は売り切れていたたくさんのPOTが入荷してきました。
私は次はマロンの白かミモザを狙っています。

さて、今日はアンシャンテこだわりの缶たちをご紹介します。

写真は上から紅茶缶アルティザン・シリーズの
Les boites(レ ブワット)」。
下の正方形の缶は現在はSOLD OUTになっているのですが ←入荷しました!(6/29)
葉田いづみさんデザインの缶の色違い2種です。

レ ブワットのこだわりのポイントは大きく2つ。

☆お茶の大敵、湿気から風味と香りを
 しっかりと守ってくれること。
☆どんなシーンにも似合い、手にとっていただいたお客様が
 ちょっぴりHAPPYになれるような美しいデザイン。


この2つを形にする為に職人さんと何度もやり取りをして、
今まで見たこともないような素敵な缶が出来上がりました。
(アンシャンテのこだわりが多すぎてもう一時は生産出来ないかと思ったときもありました。)

この缶たちは今はもう残り少なくなってしまった職人さんたちが
ひとつひとつ手で作り、色を塗っています。

きっちりと正確な形であるかどうか、色ムラが無いかどうか、
キズが無いかどうか…丁寧に作られた缶を、
またひとつひとつアンシャンテスタッフが検品して
輸送中にキズが付かないようにラッピングしてお届けしています。

お茶は湿気が大敵です。
レ ブワットの中身のお茶を飲んでしまったら、
また別のお茶の袋を入れて是非このレ ブワットを
末長く使ってあげて下さいね。

d0172335_16115248.jpg

こちらは蝶番付きのオリジナル缶。
ブルターニュ地方の薄曇りの空のような水色と
淡いライラックの花の色のような薄い紫。
私は中に柔らかい布をひいて、
アクセサリーを入れて使っています。

asako.
[PR]
by enchan_the | 2010-06-21 16:37 | 日々
<< 私も缶を紹介します。 ポット入荷のお知らせ >>